2010年06月12日

デルメッド(DERMED)ホワイトニング UVベイスの口コミ、成分情報

デルメッド ホワイトニング UVベイスの口コミ、成分情報

デルメッド(DERMED)は美白の製品として効果が高く、評判も高い製品です。
その美白力を高めている成分が、
デルメッド(DERMED)ブランドの特徴的美白成分であるピュールブランと呼ばれる成分だ。
ピュールブランはデルメッド(DERMED)ブランドオリジナルの名前で、具体的には下の3つの成分の総称である。

ビタミンC・2-グルコシド*、
→言わずと知れた代表的な美白成分ビタミンC。そのビタミンCにグルコースをつけた成分で、やはり美白力が高い。

リキリチン、桑黄抽出液、
→先に説明した、ピュールブランの成分たち。ビタミンC・2-グルコシドと合わせて3つでピュールブランである。


黄山薬抽出液、マスタケ多糖水溶液、
→デルメッド(DERMED)ブランドの面白いところは抽出液がたくさん使われているところ。しかも製品によってその抽出液の種類が違う。何か意図があって使用されているのだろうが。。。
その意図をいまだ汲み取れていない。

グリチルリチン酸2K、

架橋型ジメチコン、
→化粧した下地に必要な能力は紫外線A波とB波をちゃんと防御すること。この紫外線A波とB波は波長が違っており、防ぐための成分も違っている。その二つの波を防ぐ成分をうまくつなぎとめているのがこの架橋型ジメチコンである。

エタノール、エデト酸塩、クエン酸、クエン酸Na、

酸化Ti、
→紫外線散乱剤と呼ばれる成分で、紫外線を物理的にブロック。

シクロペンタシロキサン、ジメチコン、ジメチコン・セチルメチルポリシロキサンPOE・POPメチルポリシロキサン共重合体、水酸化Na、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、濃グリセリン、

パラメトキシケイ皮酸オクチル、
→有名な紫外線吸収成分。酸化チタンとともに紫外線を肌から守ってくれる。紫外線吸収剤はこの成分が紫外線の持つエネルギーを肌の代わりに吸収してくれる。そして、この成分の構造が変わり、エネルギーを熱として放出してくれる。

BG、ビタミンE、

フェノキシエタノール
→デルメッド(DERMED)ブランドに共通して含まれている防腐剤。

ペンチレングリコール、無水ケイ酸

口コミ
スキンケア系下地という感じ。UV機能は割りとしっかりあるのではないでしょうか。冬も夏も使用しましたが、ちょうど良い塗り心地でした。
まぁ贅沢言えば夏はもう少し軽く、冬はもう少ししっとりして欲しいという気持ちはありますが、オールシーズン使えるという意味では優秀だと思います。
ただ、美白効果はあったかどうかは実感できませんでした。
【デルメッド(DERMED)成分情報と口コミ情報の最新記事】
posted by 通販大好きけいchan at 05:33 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | デルメッド(DERMED)成分情報と口コミ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152947026

この記事へのトラックバック
メルマガ登録・解除
通販化粧品を安心して使いたい〜成分情報から
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。