2010年06月12日

デルメッド(DERMED) ホワイトニング クリーム Tの口コミ、成分情報

デルメッド ホワイトニング クリーム Tの口コミ、成分情報をご紹介します。

デルメッド(DERMED)ブランドでは美白クリームも用意されています。
この商品はパッケージが黒でメディカルなロゴと一緒に美白に効きそうなイメージを与えてくれるのではないでしょうか。

私が見た成分情報についてご紹介させていただきます。

コウジ酸*、
→コウジ酸はその名の通り、麹が発酵する時に生成される成分です。
昔から、お酒職人の手は白いという現象が知られており、それがこのコウジ酸が原因だったと分かったのです。
このコウジ酸も化粧品会社各社が使っている非常に効果が高い美白成分であり、有名な成分です。
デルメッド(DERMED)ブランドの商品戦略で面白いなと思うのは、
このスペシャルケアに使うようなクリームとローション、乳液、美容液に含まれる美白成分が違うということです。
ビタミンC・2-グルコシド*、リキリチン、桑黄抽出液をピュールブランとして美白複合体という位置づけでローション、乳液、美容液には配合していました。
しかし、クリームにはコウジ酸が主な美白成分として配合されているのです。
ピュールブランはなぜ配合されなかったのでしょうか。
そんなことも考えながら普段通販化粧品を選んだりしています。(笑

ヒヒラギギク抽出液、マスタケ多糖水溶液、アラントイン、

ヒアルロン酸Na-2、
→皮膚の真皮部分に存在する成分で、コラーゲンと一緒に肌のハリなどに影響を及ぼしている成分と言われている。

ビタミンE、
→脂溶性のビタミン。肌の保湿成分として使われている場合が多い。

ホホバ油、SEステアリン酸グリセリル、エタノール、

エチルヘキサン酸セチル、
クリームの油部分。固体の白い脂。

エデト酸塩、オクチルドデカノール、クエン酸、硬化油、シクロペンタシロキサン、ジメチコン、水酸化Na、

ステアリン酸、パルミチン酸、
→脂肪酸と呼ばれる成分で、人間の皮脂にも含まれている成分である。

t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、濃グリセリン、

POE硬化ヒマシ油、POEベヘニルエーテル、
→界面活性剤。非イオン性界面活性剤(通称ノニオン)と呼ばれる界面活性剤で非常に低刺激であることが知られている。

BG、

フェノキシエタノール、
→デルメッド(DERMED)ブランドに含まれている防腐剤

ベヘニルアルコール、ペンチレングリコール

口コミ
この製品は普通のクリームという感じですが、
毛穴の汚れ落としに使っています。何でも知り合いの美容部員さんに聞いた話では、普通のクリームでマッサージしながらオフすると毛穴の汚れが落ちやすいとのことでした。
それも美白系のクリームが良いとのことです。
ちょっともったいないですが、実践しています。
なんとなく白くなってきている気がしなくもないのですが・・・
どうなんでしょう???
【デルメッド(DERMED)成分情報と口コミ情報の最新記事】
posted by 通販大好きけいchan at 11:05 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | デルメッド(DERMED)成分情報と口コミ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
メルマガ登録・解除
通販化粧品を安心して使いたい〜成分情報から
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。