2010年06月19日

デルメッド ウォッシングライトの口コミ、成分情報

デルメッド(DERMED) ウォッシングライトの口コミ成分情報をご紹介いたします。

デルメッド(DERMED)化粧品ブランドでは洗顔化粧品が2品用意されています。ひとつはモイストタイプそしてもうひとつはライトタイプです。
洗い上がりがしっとりしたモイストタイプとさっぱりしたライトタイプがあります。
一般的には洗顔化粧品は2タイプがあって、ひとつはいわいる石鹸と呼ばれる脂肪酸と呼ばれるような皮脂にも含まれる油とアルカリ(水酸化ナトリウムや水酸化カリウム)を用いたもの。そしてもうひとつは界面活性剤がたくさん入った界面活性剤で泡立てる洗顔化粧品です。
デルメッド(DERMED)化粧品ブランドではこの両方が用意されており、石鹸タイプがライトタイプ。活性剤タイプがモイストタイプになります。

水、

タルク、
→ファンデーションなどに使われる白い顔料です。この成分は商品を白く見せてくれるようです。

ミリスチン酸、ラウリン酸、ステアリン酸、パルミチン酸、
水酸化K、
→石鹸成分です。ライトではこの石鹸成分が中心となって配合されています。上の成分が脂肪酸と呼ばれる成分で、人間の皮脂にも含まれている成分です。
下の成分がアルカリと呼ばれる成分です。
これらの成分が混じり合って石鹸を作っています。

グリセリン、
→化粧品の中でも代表的な保湿成分です。保湿効果があるので、強い洗いあがりを持つ石鹸でもつっぱらずさっぱりとした感触に仕上げてくれます。

ソルビトール、
→砂糖などの糖の仲間です。糖類も保湿効果があり、グリセリンと同様につっぱり感を減らしてくれます。

ラウラミド DEA、
→電気的性質を持ったイオン性の界面活性剤です。
デルメッド(DERMED)化粧品の洗顔化粧品にはモイストタイプにもライトタイプにも石鹸、界面活性剤の両方が含まれております。

ジステアリン酸グリコール、

べへネス-20、
→電気的な性質を持たない非イオン性の界面活性剤です。この非イオン的界面活性剤は刺激も少なくお肌に優しい界面活性剤であることが知られています。

加水分解ヒヨコマメ種子エキス、豆乳発酵液、カオリン、

グリチルリチン酸2K、
→多くの化粧品に配合される有効成分です。お肌の炎症を抑えてくれる役割を持っております。

ステアリン酸グリセリル、

結晶セルロース、
→セルロースは紙などに含まれる高分子の物質で、結晶化した安定な物質です。さらさら感などが感じられるために、洗い上がりのさらさら感を調節しているのではないでしょうか。

セルロースガム、
→水溶性高分子と呼ばれる成分です。水溶性高分子は化粧品のとろみをつけるときに使われる成分です。

EDTA-4Na、

フェノキシエタノール、
→デルメッド(DERMED)化粧品ブランド共通に使われる防腐剤です。最近ではパラベンよりもこちらの防腐剤の使用率が高まってきているように思います。

香料

口コミ
夏使いしました。石鹸タイプだからかちょっとつっぱり感はあるものの、落ちたーって感じになります。
でもすぐにスキンケアは必須です。
出ないとパリパリになっちゃいます。。。夏でも。

若干洗浄力が強いかな。というのが感想です。
【デルメッド(DERMED)成分情報と口コミ情報の最新記事】
posted by 通販大好きけいchan at 05:07 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | デルメッド(DERMED)成分情報と口コミ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153726404

この記事へのトラックバック
メルマガ登録・解除
通販化粧品を安心して使いたい〜成分情報から
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。