2010年06月19日

デルメッド(DERMED) リップケアの口コミと成分情報

デルメッド リップケアの口コミと成分情報をご紹介いたします。

デルメッド(DERMED)化粧品ブランドからはリップケア化粧品がジャータイプの容器から発売されています。
リップタイプはスティックタイプが持ち運びもしやすいし、塗りやすいものの、固くしなくてはならず、製品の作り方としては単一になってしまいがちです。そこで、デルメッド(DERMED)化粧品ではジャータイプのリップケア化粧品を出しているようです。
油分がたっぷり入った唇の潤いを逃がさず、うるうる感を与えてくれる製品です。

マカデミアナッツ油、
→デルメッド(化粧品)のリップケア化粧品主要成分で、マカデミアナッツから抽出した油です。天然のマカデミアナッツなので、安心感が高いかと思います。

水添ポリイソブテン、
→油成分になります。安定な油成分です。

トリイソステアリン、
→トリグリと呼ばれる油成分です。グリセリンに脂肪酸をくっつけた物質になります。

ミツロウ、
→蜂から取ったロウ成分で、ろうそくのロウと同じ意味を持ちます。水をはじく力が強く、唇の水分を守ってくれます。

ヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、パルミチン酸デキストリン、

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、
→化粧品には日焼け止めなどに配合される紫外線吸収剤です。リップケアの化粧品にも配合されているのは珍しくうれしいですね。唇のUVケアはなかなか怠りがちになり、しみとかの原因になってしまうので、ありがたいです。

シア脂、
→シアバターと呼ばれる油です。植物から取れるバターのような油で、唇の上に膜を作って水分を逃がさない働きをします。ロクシタンブランドではシアバターを使ったハンドクリームがとても有名ですよね。

ホホバ種子油、甘草エキス、トコフェロール、

t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、
メトキシケイヒ酸エチルヘキシルと同様紫外線吸収剤になります。この紫外線吸収剤も化粧品にはよく使われる原料です。リップケアにこのようなUV対策が施されているのはとてもうれしいです。

イソステアリン酸、酸化鉄、香料

口コミ
まず使い方がちょっと不便ですね。まぁはじめから予想していたことではありますが、ジャータイプなので、手軽に塗れないです。
乾燥したなぁ・・・って思ってもちょっと面倒って思っちゃいます。
ですので、余り減らない。。別に持っているスティックタイプをどうしても使っちゃいますね。
だからほとんどお家使いになっちゃってます。。
使った感触はゆるいけどウルウルにはなる気がします。
当然なめちゃったりしたら落ちちゃうので、すぐにウルウル感はなくなっちゃうのですが・・・
なので、お気に入り?ではないですね。。。
【デルメッド(DERMED)成分情報と口コミ情報の最新記事】
posted by 通販大好きけいchan at 05:21 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | デルメッド(DERMED)成分情報と口コミ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
メルマガ登録・解除
通販化粧品を安心して使いたい〜成分情報から
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。