2010年06月19日

デルメッド(DERMED) ハンド&ボディケアの口コミと成分情報

デルメッド(DERMED) ハンド&ボディケアの口コミと成分情報をご紹介いたします。

デルメッド(DERMED)化粧品ブランドから発売されているハンド&ボディ用化粧品です。クリームタイプの商品になります。
クリームタイプですので、成分としては大きく分けて、水系、油系、そして界面活性剤になります。

水、グリセリン、BG、ステアリン酸グリコール(SE)、
→ここまでは水系の成分です。グリセリン、BG、ステアリン酸グリコールは水と仲がよく水に良く溶ける成分です。

ミネラルオイル、
→油分の成分です。ミネラルオイルは手作り化粧品にも用いられ、とてもよく使われる油ですね。さらさらした油で、重たくなく、軽い化粧品の感触が特徴です。

ラウリン酸ポリグリセリル-6、
→界面活性剤です。ラウリン酸とジグリセリンが結合した界面活性剤で、色々な化粧品に使われています。

水添パーム油、
→パームという植物から取れた油です。ミネラルオイルの次に多く含まれている油ですね。

ジメチコン、
→シリコン成分になります。シリコンは塗った後の感触がさらさらするために良く用いられる成分です。

ステアリン酸グリセリル、
→界面活性剤です。ステアリン酸とグリセリンが結合した界面活性剤です。

オクチルドデカノール、ベヘニルアルコール、加水分解ヒトデエキス、

グリチルリチン酸2K、
→お肌の炎症を抑えてくれる成分として有名で色々な化粧品に配合されている成分です。

グルコシルヘスペリジン、ショウキョウエキス、

ポリクオタニウム-61、
→デルメッド(DERMED)化粧品のHPではリピジュアと紹介されている成分です。肌の水分保持能力を高める成分として、スキンケアやファンデーションにも配合されている成分です。

トコフェロール、ステアリン酸、水添ポリイソブテン、

ポリアクリルアミド、
→水溶性高分子と呼ばれる成分で、化粧品のとろみを付ける成分です。
この化粧品がとろっとしているのもこの成分のおかげですね。

ラウレス-7、
→電気的に中性な界面活性剤で、非イオン性界面活性剤と呼ばれます。刺激が少なく、安全な界面活性剤として色々な化粧品に使われている成分です。」

エタノール、水酸化Na、

フェノキシエタノール
→防腐剤です。デルメッド(DERMED)化粧品ではパラベンではなく、このフェノキシエタノールが使われています。

口コミ

冬に使ってみました。
思ったよりもべたべたしない。というのが印象です。
その分、何か保湿力は物足りない気も・・・
もっと保湿力があってもいい気がします。
もしかするとシリコンとさらさらの油がたくさん入っているから
そういう風に感じただけなのかな???

【デルメッド(DERMED)成分情報と口コミ情報の最新記事】
posted by 通販大好きけいchan at 09:43 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | デルメッド(DERMED)成分情報と口コミ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
メルマガ登録・解除
通販化粧品を安心して使いたい〜成分情報から
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。